詩人せい公式サイト - 出会ってくれて、ありがとう - TOP サイトマップ お問い合わせ  
 
ニュース・イベント案内  - 出会ってくれてありがとう -詩人せいプロフィール   - 出会ってくれてありがとう -せい作品・世界でひとつ、あなただけの詩 - 出会ってくれてありがとう  詩人せい公式サイト -詩人せい講演・イベント依頼 詩人せい公式サイト - 出会ってくれてありがとう - 




出会ってくれてありがとう 〜 龍神村より愛をこめて 〜 素敵な人生の始まり 詩人物語 詩人せい公式ブログ
詩集・お手紙『出会ってくれてありがとう』(静岡新聞社) リメイク版(現代書林)せいへの応援メッセージ - 出会ってくれてありがとう -
詩人せいへお寄せ頂いた素敵なお声世界でひとつあなただけの物語 大切な世界でひとつあなただけの花を咲かせよう - 出会ってくれてありがとう - 物より心のオリジナルプレゼント「世界でひとつあなただけの詩」

■ せいを呼んでみませんか?

イベント『世界でひとつあなただけの詩』
『家族の絆』イベントもできます。

「あなたの目を見て、あなたを感じて(家族を感じて)
インスピレーションにて、
あなただけの詩を創作します。」

あなたのお名前の入った世界で一つだけの詩を、
筆文字にて、ひとりひとりに大切にお届けします。
また、詩創作後には、せいが詩を読んでくれます。
他にも、家族みんなに届ける『家族の絆詩(きずなうた)』
愛し合う二人に届ける、『ふたりの絆詩』もあります。
(一人5分〜10分 その人の状況により多少変動します)


せいの詩は今までに一万人以上に届けられ、
詩を受け取った方は5人に一人が涙を流すと言われています。
家族の絆詩では、4歳の子が両親の愛を確認して涙されたり、
やんちゃな中学生の子たち、80歳以上のおじいちゃんが涙を流して帰られたりと、
たくさんの愛と優しい気持ちがあふれます。


講演『出会ってくれてありがとう〜二十一日で世界六十六億人に幸せを届ける方法〜 』
決してうまい講演ではありませんが、毎回会場は優しい涙であふれます。中学、高校での講演、企業の社員、企業パーティなどでの実績があります。


〉〉せいプロフィールはこちらをご覧ください。(別ウインドウが開きます)

〉〉メディア紹介・TV紹介などはこちらをご覧ください。(別ウインドウが開きます)

 

<詩を受け取った方の素敵なお声>
●静岡市 高校生 Sさん  とにかく胸を打たれたなぁ、やられたなぁって思いました。はっきりいって涙を流すことがすごく苦手な自分。それでもすごく感動して涙を思わず流してしまいました。大切なことを教えてもらった気がしました。

●愛知県 OL 匿名さん  まず、ありがとうと言わせてください。せいさんの詩によって、元気をもらえたり、世界が広がりました。今まで私はいらない人間と思っていました。そんなときに自分のいる意味のヒントを教えてくれたように思います。本当にありがとうございます!

●静岡市 お父さん Iさん あらためて『絆』の大切さ、尊さを実感させられました。特に長女はせいさんのお話に共感したらしく、途中から涙がポロリ・・・。それを見た私と妻も思わず涙が・・・。いつもなら映画を観た帰りの車では映画の感想を言いながら帰るのですが、この日ばかりはせいさんの話でもちきりでした。今後のせいさんのご活躍を期待しております。『せいさんのお話に涙した小学六年の娘の父より』 

 

<主催者さんの素敵なお声>
■PGC『家族の絆展』本部長 真貝宗氏
PGC「家族の絆」展本部長 全国PGCアピール事業部部長 写真館シンガイ 真貝宗 氏(栃木県) 詩人せいさんとの最初の出会いはホームページでした。「家族の絆」写真展を開催するために、私はどうしても路上詩人が必要でした。インターネットで「路上詩人」を検索すると数十件ヒットしますが、せいさんのホームページを見た瞬間この人しかいないと強く感じました。なぜか。今思い出し考えると、ホームページから「優しさ」を感じたのだと思います。

2005年6月1日から5日までお台場アクアシティで「家族の絆」展が行われました。来場者3万人。せいさんには延べ138組の家族に詩を書いてもらいました。何日目だったでしょうか、せいさんのの周りにオーラが見える。誰かがささやきました。見るとせいさんと家族を包みようにそこだけ陽炎のようにフワフワしていて、なぜかとっても暖かい空間がありました。どれだけ家族が泣いたでしょうか。どれだけの家族がせさんの言葉に心を動かされ、子供とは、父とは、母とは、家族とはと考えた時間だったと思います。

「家族の絆」展138組の家族にはせいさんが詩を書き終わったあと、スタジオで写真と撮影し、家族には写真と詩を一体にしたものをプレゼントしました。「一生の宝物です」何度も何度もお礼を言われ、ニコニコしながら帰られました。「家族の絆」展は大成功に終了しました。もしせいさんじゃなかったらこのイベントは成功しなかったかもしれません。心からありがとうを言いたい。せいさん本当にありがとう。また人を感動させたいですね。

 

■ロハス・雑貨『キカラ・ピポ』桧皮園江さん

6月17日父の日、私の店でせいさんが“絆”をテーマに講演会と詩を書いてくれてました。私も、家族4人のための詩を書いてもらいました。その時、下の娘は愛いっぱいの言葉に感動し、目に涙をためてよろこんでいました。娘の姿がとても愛しく思いました。そして、4人でいっしょに居られることを幸せに思いました。


その日の夜、自分だけの詩を書いてもらった二人が寝る前に『せいさんの本を読んで!』というので読みました。『出会ってくれて、ありがとう。あなたと出会えてよかった・・・・・』から始まり、次のページ・・・・・
『出会いは奇跡だと思うからです・・・・・』そこで、長男が私に向かって言うのです。「かあちゃん、俺を産んでくれてありがとう」・・・・・ドキッとしました。その後、娘が「とうちゃん、かあちゃんが結婚してくれてありがとう」あわてて私は言いました。「かあちゃん、とうちゃんをえらんでくれてありがとう」・・・・・後から後から幸せな気持ちがあふれてきました。


6年前、主人と私はとても辛く悲しい体験をしました。それ以来、私たちは少し変わりました。心から安らげることがなかったのです。そのために、子どもたちにもとても厳しくしてしまうことがありました。いつもどこかで子どもたちに申し訳ない・・・・・という気持ちがありました。


それなのに、この子たちは私たちに『ありがとう』を言ってくれたのです。こんな私に『産んでくれてありがとう』と言ってくれました。心の奥に深く刻まれた悲しみと憎しみが、この子たちのおかげでやっと消えていきそうです。これから本当に心から『し・あ・わ・せです』といえそうです。


せいさん!!あなたと会えてよかったです。この本に出会えてよかったです。
子どもたちに『出会ってくれて、ありがとう』


>>お問い合わせはこちらから
日程など緊急で確認したい方は、0739−77−0706(いながき)へ連絡ください。
日本中、必要としてもらえるならどこへでも行きます。
お気軽に連絡ください。

 


詩人せい 作品・あなただけの詩ページ上部へ戻る